ポート25番ブロックへの対応

自宅で契約しているプロバイダが2月よりポート25番ブロックを開始した為、通常のメール送信ポートである25番(SMTP)からの直接送信が出来なくなった。
で、メール送信ポートを25番から587番(submission)に切り替え、さらにプロバイダの中継サーバを経由してあげればメール送信が可能になる。


以前も同じ方法で対応したけど、HDD増設に伴い設定方法がうろ覚えだったので、メモとして残しておきます。
1./var/qmail/control/smtproutesに下記内容を記述。
:プロバイダの中継サーバ
2./etc/serviceに下記内容を記述。
submission 587/tcp mail # mail message submission
submission 587/udp mail # mail message submission
※コメントアウトされている場合は”#”をはずす

3./etc/rc.d/init.d/qmail実行スクリプトの内容を修正。
# SMTP
tcpserver -HR -u 501 -g 501 -x /etc/tcpserver.cdb 0 587 qmail-smtpd www.jhhk-family.net /bin/checkpassword /bin/true 2>&1 | splogger smtp &
上記設定を行った後にqmailを再起動し、設定内容を反映させれば完了。
私が契約しているプロバイダのリレーサーバ。
普通にport25で行けたので、起動スクリプトのport指定は”25″のままで稼動しましたw
2007/03/07 追記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。