SQLServer on Linuxを触ってみる

先週、SQLServer on Linuxのpublic Public Previewが開始されたので、さっそく触ってみた。

[環境]
VirtualBOX上の CentOS7
CPU :2コア
メモリ: 4096MB ※3250MB以下は、インストール時にエラーが出ます。

インストールは、公開されているリポジトリを追加してyumコマンド叩くだけ!
非常に簡単!

[code]
# リポジトリ追加
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/mssql-server.repo > /etc/yum.repos.d/mssql-server.repo
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo > /etc/yum.repos.d/msprod.repo

# インストール
yum -y install mssql-server mssql-tools

# 途中、ライセンス確認のチェックが入るので、大文字でYESと入力
Do you accept the license terms? (Enter YES or NO) YES

[/code]

インストールPATHは/opt配下。
[code]
ls -1 /opt/
microsoft → odbcドライバ
mssql → SQLServer
mssql-tools → bcpとsqlcmd
[/code]

続いて、初期セットアップを行う。
[code]
/opt/mssql/bin/sqlservr-setup
(中略)
Setting system administrator (SA) account password…

Do you wish to start the SQL Server service now? [y/n]: y
Do you wish to enable SQL Server to start on boot? [y/n]: y
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mssql-server.service to /usr/lib/systemd/system/mssql-server.service.
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/mssql-server-telemetry.service to /usr/lib/systemd/system/mssql-server-telemetry.service.

Setup completed successfully.
[/code]

セットアップスクリプトが動いたっぽい。

プロセスも動いている!
mssql 2257 1 2 18:37 ? 00:00:00 /opt/mssql/bin/sqlservr
mssql 2263 1 0 18:37 ? 00:00:00 /opt/mssql/bin/sqlservr-telemetry /var/opt/mssql/.system
mssql 2270 2257 43 18:37 ? 00:00:04 /opt/mssql/bin/sqlservr

ポートも空いている!
Active Internet connections (only servers)
Proto Recv-Q Send-Q Local Address Foreign Address State
tcp 0 0 0.0.0.0:22 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 0.0.0.0:1433 0.0.0.0:* LISTEN
tcp 0 0 127.0.0.1:1434 0.0.0.0:* LISTEN
tcp6 0 0 :::22 :::* LISTEN

最後にSSMSで接続してみます。
sqlserver_on_linux
当然、Windows認証は使えませんが、セットアップ時に決めたSAのパスワードで接続する事が出来ました。

Versionは、
Microsoft SQL Server vNext (CTP1) – 14.0.1.246 (X64) Nov 1 2016 23:24:39 Copyright (c) Microsoft Corporation on Linux (CentOS Linux 7 (Core))

と出ているので、インストール自体は成功したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。